販売価格 : ニット帽:¥1,900(税抜) タートルネック¥1,900(税抜) パーカー¥4,900(税抜) スカート¥1,900(税抜)

今回は冬の大人コーデをご紹介したいと思います。

【ポイント1】
赤と黒を基調とした大人のコーディネートに白のニット帽を加えることで大人すぎずバランスのとれたコーディネートに早変わり!!

【ポイント2】
白・赤・黒のトリコロールにすることでシンプルで尚且つオシャレに決めることが出来ます。

商品画像_テンプレ縦長_12月

【ポイント3】
パーカを脱ぐことでまた一つ違った印象を与えます。
※ちなみ赤色は人が注目しやすい色の一つです。
なので「人の注目を集めたい」「人の印象に残したい」
ときなどに使えるかもしれませんね。

商品画像_テンプレ縦長_12

【豆知識】
―トリコロールとは?―
トリコロールとはフランス語で「三つの色」という意味です。
ただ、三色で色を組み合わせればトリコロールになるとは限りません。
「高彩度、明度差、無彩色」この三つを意識して組み合わせることがトリコロールを作るポイントになってきます
代表的なトリコロールを挙げるとお馴染みのフランス国旗イタリア国旗ですね~

フランス、イタリア国旗

ちなみにですが、「トリ」が「3」を意味して「コロール」が色を意味します。

そしてトリコロールに似た言葉で「ビコロール」という言葉があります。

―ビコロールとは?―
ビコロールとはフランス語で「2色の」という意味になります。
ちなみに英語では「バイカラー」と言います。
ビコロールはただ似た色を扱えばいいわけではなく「黒色と黄色」といった「無彩色」に「高彩度」の色を組み合わせたものを「ビコロール」と言います。
代表的なのをあげると「日本の国旗」や「KEEP OUTテープ」などのカラーがビコロールです。

日本、キープアウト

他にもよくある組み合わせは「黄色と青色」などでしょうか。色の違いがハッキリとわかる場合も「ビコロール」といいます。

トリコロールの場合は「トリ」が「3」を意味していましたが、ビコロールの場合は「ビ」が「2」を意味しています。

今回は「トリコロール」、「ビコロール」を代表として配色の意味をお伝えしましたが配色に関しては様々な組み合わせがあります。
配色の意味を知ることで「自分のファッションの幅」を広げてみてはいかがでしょうか?

text:アピタ岩倉店/鈴木
※販売価格等のデータは2016年12月現在のものです。ご希望の方は最寄の店舗にお問い合わせ下さい。品切れによりお取り寄せになる場合がございます。ご了承下さい。