販売価格 : ・ニット帽¥1900+税 ・インナー¥1000+税 ・ニットトップ¥2900+税 ・シャツ(カーキ)¥2900+税 ・ベルト¥900+税 ・ボトム¥3900+税

今回は春を先取りということで『ピンクを基調としたお花見コーデ』をご紹介致します。

【ポイント1】
春の王道色「ピンク」を使うことで季節感を感じさせ尚且つ女性らしいイメージを持たすことができます。
※ピンクは「優しい」「柔らかい」「女性らしい」効果を持っています。
もう一つピンクは女性ホルモンのバランスを整え女性らしさUPの効果を持つと言われています。

【ポイント2】
春と言えばパステルカラーや暖色系の色を合わせることが多いと思いますが、あえてネイビーのデニムを合わせることでスッキリ引き締まっているイメージを持たせることができます。
※ここで黒を合わせると少し春といったイメージからかけ離れてしまいます。

 

商品画像_テンプレ縦長

【色が持つ人の印象を変える効果とは?】
前回はトリコロール、ビコロールなど色の組み合わせについてご紹介しましたが
今回は「色が持つ人の印象を変える効果」についてお話したいと思います。

今回の【ポイント1】で「※ピンクは「優しい」「柔らかい」「女性らしい」効果を持っています。
もう一つピンクは女性ホルモンのバランスを整え女性らしさUPの効果を持つと言われています。」
と紹介しましたが身に着けている色一つでその人のイメージをガラッと変えてしまいます。

例えば「赤」
赤といえばパッと見ただけでも熱い色だとイメージすることが出来ますよね?
実際に赤色は「情熱的」「活動的」などのイメージを持っていると言われています。
スポーツ選手は赤を好む方が多いらしいですね。スパイクなどスポーツをする際に使う道具などで
赤色が入っているものが多いのはそういった理由からかもしれませんね。
商品紹介_サッカースパイク

反対に「青色」は「クール」「さわやか」など落ち着いたイメージがあります。
他にも知的や冷静を感じさせられる色でもあります。
そして青色は季節によってイメージを変えることがあり夏であれば「涼しい色」
冬であれば「寒い色」とイメージすることが多いと思います。
そして青色は落ち着く色とも言われています。
人間は自然の色などを見ると精神的に安定することがあると言われています。
「青色」→「空」 「緑色」→「森林」 「オレンジ色」→「夕日」など
商品画像_青空

他にも色が人に与えるイメージを簡単にご紹介します。

『緑色』は中間色ですので「穏やかな人」、「癒し効果を持っている」など『紫色』であれば「高貴な人」や「ミステリアス」など
『黒色』であれば「威厳がある人」「出来る人」「威圧感」など『白色』であれば「純粋」「清潔なイメージ」「純真」など
ただ国によって色の印象、イメージは違うので日本国外に出るときは気をつけたほうがいいかもしれません。

女性であれば服やアクセサリー類以外にもアイシャドーやチークなどメイクの色を変えるだけで
イメージを変えることが出来ます。

そして身に着けている色は他人だけではなく自分自身にも影響してくるので
気合を入れたいとき、落ち着きたいときなど臨機応変に色を変えてみるといいかもしれませんね。

色というのは自然と身の回りにあるもので一つ一つの色に意味があります。
「ただ好きだからこの色を身に着けている」という人が多いとは思いますが色の意味や印象を知ることで
自分を表現する幅を広げてみてはいかがでしょうか?

text:アピタ岩倉店/鈴木
※販売価格等のデータは2017年1月現在のものです。ご希望の方は最寄の店舗にお問い合わせ下さい。品切れによりお取り寄せになる場合がございます。ご了承下さい