ラッピングをする際に、よりキレイに見えるリボンの結び方をご紹介します♪
今回は、裏表の無いものとあるもの2種類のリボンの蝶々結びと、ギフトBOXなどのラッピングに使える、十字架けの方法のご紹介です!

●裏表の無いリボン 蝶々結び
リボン結び方

①左側のリボンが上にくるようにクロスさせる

②そのまま下からくぐらせる

③右上と左下にぎゅっと引っ張る

④左下に来たリボンを右上に持って行き、わっかを作る

⑤右上のリボンを下に持ってくる

⑥⑤でできたわっかにくぐらせる

⑦バランスを見ながら長さを調整する

●裏表のあるリボン 蝶々結び
裏表リボン結び方

①ぎゅっと引っ張るところまでは先程と同じです

②左下に来たリボンを右上に持って行き、わっかを作る

③右上のリボンを、②で作ったわっかに2回巻きつける

④1巻き目のリボンの下にくぐらせて、左側にもわっかを作る

⑤全体に調整しながら引っ張る

※ちなみに最初にぎゅっとする前のクロスを逆にすると、縦結びができますよ!

●十字架け
十字結び

①箱にリボンを巻きつけ、左側から来るリボンを上に、長めに取る

②リボンを縦方向にねじってクロスさせる

③下方向からリボンを一周させる

④クロスしている十字の部分の、左下から右上に、リボンをくぐらせる

⑤右上、左下に引っ張り、あとは先程説明した蝶々結びをします

リボンがキレイに結べるだけで、印象がガラッと変わりますよ!
十字のラッピングは、箱以外にも使えますので、是非応用してみてください♪

十字例1

大垣店 片原